散歩中に突然立ち止まるのは、病気なのでしょうか?

犬のしつけで人気のQ&Aサイト!飼い主さんの悩みを解決 > お散歩に関するしつけ > 散歩中に突然立ち止まるのは、病気なのでしょうか?

散歩中に突然立ち止まるのは、病気なのでしょうか?

お散歩に行くと、

犬が途中で立ち止まる。

そんな経験は、

ありませんでしょうか?

なぜ、犬が立ち止まるのか?

その理由は色々とあるようですが、

よくあるパターンを考えてみましょう。

まずは、犬が自由きままに自分のペースでお散歩している。

っということが考えられるかも知れませんね。

順位付けの曖昧さや、

リーダーの主導権の曖昧さなどが原因となっている可能性です。

これをリセットするには、

リーダーウォークを覚えると良いでしょう。

他のページでも何度か登場している、

リーダーウォークですが、

それだけ大事なしつけ方法だと思っていただければ良いと思います。

犬が引っ張ったり、

立ち止まったりした場合は、

犬の方向へ歩み寄り、リードをゆるめます。

リードが緩むと、犬は安心します。

次に、飼い主さんが、

いきなり、

とある方向へどんどんと歩き出します。

この場合、犬のほうを見ずに、

逆に犬に背中を見せて、

犬など存在しないかのごとく、どんどん歩くのです。

そうすると、犬は一生懸命ついていくようになります。

これが、リーダーウォーク。

訳して、主導的歩行、

といわれるものです。

また、犬が立ち止まる別の可能性もあります。

痛みや、病気です。

例えば、足の裏にキズがあるとか、

何か刺さっているなど。

歩くと痛みがアレば、犬は立ち止まります。

立ち止まって、おしっこも、うんちも、ニオイをかぐこともせず、

ただ立ち止まっている。

こんな時は、タッチングで、

痛い箇所がないか、

その場が出確認すると良いでしょう。

我が家の場合は、

ある日突然に立ち止まるようになりました。

最初は、全く意味がわかりませんでした。

病院にも、

何度も行きましたが、原因が分かりません。

次第に、立ち止まる回数が多くなりますし、

触ると怒るようになりました。

その1年後にわかったのですが、

椎間板ヘルニアで、

相当痛かったらしいです。

そんな例もありますから、

立ち止まったら、

一応、犬の体を丹念にタッチングして調べてみたほうが良いですね。