犬をしつける時に軽くならば叩いたりしたほうが早く覚えるでしょうか?

犬のしつけで人気のQ&Aサイト!飼い主さんの悩みを解決 > 基本的なしつけ > 犬をしつける時に軽くならば叩いたりしたほうが早く覚えるでしょうか?

犬をしつける時に軽くならば叩いたりしたほうが早く覚えるでしょうか?

犬をしつけるのに、

何度も同じ事を繰り返しても覚えてくれない。

そんなことも日常では、多々あるかと思います。

その光景は、あなたのご家族だけではないんです。

どこの飼い主さんでも、同じ道を通るので、

全く問題ありません。

犬にわかってもらうために、試行錯誤しながら、

気長に取り組みましょう。

そうは言っても、イタズラが極端にひどくなったり、

何度も繰り返し嫌がらせのように言うことを聞かないと、イライラしてしまうのは、

しかたのないことだということも理解出来ます。

誰でも、同じなんです。

訓練士さんや、書籍を見ると、

犬のしつけに叩いたりすることは必要ない、

とはっきり書いてあります。

なぜ、

叩いたりする必要がないのでしょうか?

それは、百害あって一理なし、ということのようです。

具体的に見て行きましょう。

叩くと、犬は反射的に自己防衛のために、

噛み付いたりなどの反撃をすることがあります。

これを習慣化してしまうと、

常に反撃する犬になってしまいます。

あるいは、叩きたことにある人がそばに来るだけで、

ビクビクする犬になってしまう。

犬の性格にも個体差があるので、一概には言えませんが、

可能性はあります。

気の弱い犬ほど、自己防衛本能が強く働き、

反撃するようです。

逆に、気の強い犬は、噛みつきやすいようですが、

順位付けさえ間違えていなければ、

噛み付いたりはしません。

私の経験は柴犬ですが、

「ダメ!」っとその瞬間怒って、

鼻や頭をちょこっと軽く叩く感じだと、

犬にはその意味がわかります。

単に言葉で言うよりも強く伝わると、私は思いましたし、

効果がありました。

叩いた瞬間は、

「グワッ!」っと

牙をむき出しにしますが、絶対に噛みつきません。

しつけがある程度終わって、

信頼関係や順位付けも済んでいる場合にのみ、

通用するのかもしれないですね。

基本的には、叩くことはNGだと思います。

でも、必要な時もある、と私は肯定派です。

強く叩いちゃ、ダメですよ。

目的は、犬にやってはダメな行動だと、

分からせることですから。

飼い主ご自身の

イライライを発散するためでは、ありませんので。

一度、ないし、二度行えば、次は叩く真似だけで、

犬はひるむようになります。

こうなれば、本当に叩く必要はなく、

真似だけで通用します。

あくまで、愛情を持って、ですね。