しつけを行うのに、犬の気持ちを理解するのは必要なことなのでしょうか?

犬のしつけで人気のQ&Aサイト!飼い主さんの悩みを解決 > 基本的なしつけ > しつけを行うのに、犬の気持ちを理解するのは必要なことなのでしょうか?

しつけを行うのに、犬の気持ちを理解するのは必要なことなのでしょうか?

しつけを行うには、

飼い主さんが主導を握ってしっかりと行う。

なので、特段、

犬の気持ちというものに配慮する必要は、

不要なのではないか?

っということだと思います。

主従関係をしっかりと刷り込むのが大事ですから、

犬の気持ちは関係ない、

っと思ってしまうのも無理は無いですよね。

あまりにも、

服従を意識しすぎた書籍を読むと、

そんな風に感じてしまうかもしれません。

飼い主さんが、

主導権を持ってきちんっとしつけることは大事です。

そして、子犬には感情があり、

最初は、思い切り甘えさせ、

スキンシップを行い、安心させることも大事です。

どちらか片方が大事、

ということではないような気がします。

つまり、犬の気持ちは、

大いに理解してあげ、

尊重してあげるようにするといいですね。

そのほうが、飼い主さんと犬、

双方の絆が深まりますし、

信頼関係も強固なものになります。

家族の一員になるためには、

絆がないとイケないような気がします。

また、犬の気持ちを理解してあげるからこそ、

より効果的でスムースなしつけとなり、

学習能力も高まるのではないでしょうか。

私は、そう思います。

犬を一生懸命理解してあげて下さい。

そうすれば、

犬も大好きな飼い主さんの期待に、

精一杯応えられるようにがんばるはずです。