犬のしつけの際は日本語と英語はどちらが良いのでしょうか?

犬のしつけで人気のQ&Aサイト!飼い主さんの悩みを解決 > 基本的なしつけ > 犬のしつけの際は日本語と英語はどちらが良いのでしょうか?

犬のしつけの際は日本語と英語はどちらが良いのでしょうか?

犬にしつけを行うのに、「Wait!」や「Sit!」という英語の掛け声と共に、

犬が動作するのを見かけたことがあるかもしれません。

「待て!」とか、「お座り!」という日本語では、ダメなのでしょうか?

なぜ、英語?

疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。

これからしつけを始めるのに、どちらにしようか?と迷いますよね。

英語では「コマンド」と言い、日本語では「命令」と言います。

家庭で犬をしつける場合は、英語だとうろ日本語だろうと、

どちらでも問題ありません。

英語の方が犬の側からすると、短い単語で発音が同じ、

しかも、簡単に聞こえるというメリットがあります。

ちなみに、盲導犬の訓練は英語で行いますが、警察犬は日本語です。

それぞれ、違う場合も、

私が知らないだけであるのかもしれません。

逆に英語のデメリットを考えてみましょう。

家族で飼っている前提だとすると、

コマンドの英語を家族全員がきちんと覚えなければならないということに尽きます。

座れ、待て、来い、付け、お座り、いい子いい子、

などなど全てを英語で統一するので、

覚える必要がありますよね。

まぁ、覚えてしまえば簡単な単語ですから、問題ありませんが。

日本語か英語かは、家族で話し合って決めたほうがいいのでは、

と思います。

私個人的には、日本語でいいのではないか。

っと思っています。

英語でしつけを行った経験がないだけで、

日本語のしつけが良い、と判断してのかもしれません。