しつけに役立つカーミング・シグナルとはどのようなモノでしょうか?

犬のしつけで人気のQ&Aサイト!飼い主さんの悩みを解決 > 基本的なしつけ > しつけに役立つカーミング・シグナルとはどのようなモノでしょうか?

しつけに役立つカーミング・シグナルとはどのようなモノでしょうか?

e4efef8abc90bb9277ab5c02c4eb397e犬の行動で、カーミング・シグナルというのを

耳にしたことがありますでしょうか?

カーミング・シグナルとは、

落ち着きをもたらす行動という意味です。

犬は、自らの緊張や、

相手との間に緊張があると、

落ち着きを取り戻すために、カーミング・シグナルを行います。

争いが起きないように

今日も ぱんまつり

今日も ぱんまつり

犬同士が無用な争いを行わないための、

落ち着き動作という意味にも解釈出来ますが、

しつけの際にも役立てることが出来るのではないかと、思います。

・顔をそむける

相手に敵意を持っていないことを表現するため、

故意に顔をそむけたりします。

無用な緊張から開放されるためですね。

やはり、お互いに目を見合っていると、

緊張が生まれるますので。

・体をそむける

koioide

犬の正面に対するのではなく、

斜めに身を構えたり、

背中を見せるなどして、犬に安心感や落ち着きを与えます。

興奮して飛びついてきた時など、応用できるでしょう。

・ゆっくりとした緩慢な動作

これも、犬を落ち着かせる効果があります。

リードを付けるときなど、

声をかけながら、

わざとゆっくりとした動作で行うことで、

犬が安心して落ち着いた状態で、リードつけができます。

その他のカーミング・シグナルとしては、

あくびをする、すわる、人間の間に割って入る、などがあります。

ちょっとした際にカーミング・シグナルを思い出して頂き、

しつけにお役立ていただけるのではないか、っと思います。