大人しく留守番する犬にしつけるには、どんなことが必要でしょうか?

犬のしつけで人気のQ&Aサイト!飼い主さんの悩みを解決 > 留守番に関するしつけ > 大人しく留守番する犬にしつけるには、どんなことが必要でしょうか?

大人しく留守番する犬にしつけるには、どんなことが必要でしょうか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA犬には、大人しく留守番をしていて欲しい。

すべての飼い主さんが、

そのように願っていることと思います。

でも、実態は中々そうではない、

ということらしいです。

ある飼い主さんは、

犬がてっきり大人しく留守番していると思っていた。

ある時、スマホから留守番の犬が見られる、

いわゆる監視システムのカメラを導入したんです。

そうして、外出先から見たら、

普段しないような箇所に登ったり、

ずっと吠えまくっていたりと、理想と現実の違いに驚いたそうです。

犬の生態は狭い巣穴

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

犬はもともと、外敵から身を守るため、

狭い巣穴をすみかとして生活していました。

なので、室内犬であれば、

家の中に放し飼いにした方が、

広くて犬のために良いと飼い主さんは考えていますが、違うようです。

犬は、狭い場所のほうが、安心出来るので、

ケージやサークルで、犬専用に囲われた場所を作ってあげると、

安心して、その場所にいます。

留守番は暗い方がいい

sleeping

また、

明るいよりは、暗いほうが落ち着くので、

カーテンや雨戸があれば、

全て閉めて留守番させたほうが、

良いでしょう。

人間的な感覚だと、広い場所で自由のほうが快適だ、

と決めつけてしまいがちですが、

犬の価値観とは違うようですね。