犬のしつけ「ちょうだい」を教えるには、どのような方法がありますか?

犬のしつけで人気のQ&Aサイト!飼い主さんの悩みを解決 > しつけのコマンド・命令 > 犬のしつけ「ちょうだい」を教えるには、どのような方法がありますか?

犬のしつけ「ちょうだい」を教えるには、どのような方法がありますか?

犬が口に咥えているものを離す

または持っているものを離すと表現したほうが良いでしょうか。

飼い主さんが、犬の持っているものを

チョウダイとコマンドを出すことで、犬から飼い主さんにモノを渡す。

これがスムースに出来れば、

チョウダイといって、何でも犬が渡してくれるようになりますよね。

これは、中々難しいのではないかという印象があります。

例えば、このようなやり方ならば、どうでしょうか?

具体的なやり方

42

ボールを投げて、持ってこさせます。

その時に、オヤツを隠し持っていて、

チョウダイと言いながら、オヤツを差し出します。

そうすると、犬はオヤツに注意が向きますから、

持っているボールを飼い主さんの手に落とします

チョウダイが完成したので、褒めてあげながら、

オヤツを食べさせてあげましょう。

これを繰り返すだけですね。

そのうちに、オヤツなしで、

飼い主さんのチョウダイというコマンドでオモチャやボールを手放すようになります。

もちろん、思い切り褒めてあげると、

良い刷り込みが行われるので、大事なことですよね。

オモチャでチョウダイが完成したら、

次は、食べ物です。

ゲーム感覚で遊びながらしつける

play

これは、難しそうですね。

犬は食べ物を自ら手放すなんってことは、

まずあり得ませんからね。

豚のげんこつ骨や、牛すじなど、

硬くていつまでも噛む食べ物ってありますよね。

その食べている途中で、チョウダイとコマンドを出して、

犬が食べ物を渡してくれたら、大成功です。

オモチャのチョウダイができれば充分ですが、

食べ物でも試してみたいですよね。

ゲーム感覚の挑戦です。