犬のしつけを行うには、ジェスチャーを付けたほうが良いのでしょうか?

犬のしつけで人気のQ&Aサイト!飼い主さんの悩みを解決 > 基本的なしつけ > 犬のしつけを行うには、ジェスチャーを付けたほうが良いのでしょうか?

犬のしつけを行うには、ジェスチャーを付けたほうが良いのでしょうか?

しつけの際、単に言葉だけでなく、

身振り手振りを付けたほうがより効果的なのでしょうか?

いわゆる、

ジェスチャーをつけてコマンドを出す、

ということになります。

飼い主さんがしつける際、

言葉だけよりも、

ジェスチャーをつけて行ったほうがやりやすいかも知れないですね。

また、犬も飼い主さんの声だけの時よりも、

ジェスチャーをつけてしつけを行ったほうが、

覚えが良いのかもしれません。

例えば、どんなジェスチャーがあるのでしょうか?

多くは、お座りの際には、

人差し指をまっすぐ上に向けるというジェスチャーが良いみたいです。

人差し指を1本上に向けて

「お座り」あるいは、

「sit」ですね。

犬が慣れてくると、

人差し指だけで、

声がなくてもちゃんとお座りしてくれます。

待てのときは、

手のひらを犬の方に見せて、マテの姿勢。

伏せの時は、

手のひらを地面に並行にして、

フセを分かりやすく指示。

来いのときは、

飼い主さんの太ももをポンポンと叩くジェスチャー。

などなど、

特に決まりの動作というのは、ないようですが、

やりやすい形に決めて一貫した動作を行えば問題ないでしょう。

やはり、

ジェスチャーがあったほうが、

犬が覚えやすいと言うことに尽きます。

また、

飼い主さんもジェスチャーを交えてのほうが、

やりやすいですね。

ぜひ、お試し下さい。