子犬は、社会性育成ため多くの人に会わせた方が良いでしょうか?

犬のしつけで人気のQ&Aサイト!飼い主さんの悩みを解決 > しつけの年齢に関すること > 子犬は、社会性育成ため多くの人に会わせた方が良いでしょうか?

子犬は、社会性育成ため多くの人に会わせた方が良いでしょうか?

子犬をしつける時に、社会性って重要なのでしょうか?

では、社会性とは、一体どういういみなのでしょうか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
社会性とは、

集団の中で生きるのに、

他人との関係を円滑にする能力、のことですよね。

犬も、人間社会という群れの中で生活していくので、

人間社会のルールを覚えさせないといけない、

っと言うことではないでしょうか。

その集団で生活することを覚えさせるには、

他の人間や犬に多く触れることで、

その体験を通して自然と学び、

社会性を身に着けていくということが、あります。

外界との接点が少ないと。。。

子犬の頃に、他の人間や犬に触れたことがないと、

その存在を

怖がるようになってしまう可能性がある、

と言われていますよね。

犬は怖がると、自己防衛から転じて、

噛み付くようになってしまいます。

噛み付く犬は、社会的に適合しないという事になりますから、

飼い主さんとしても、困ったことになってしまうでしょう。

噛み付きに困っている方は見てみると良いでしょう
>>【DVD教材】噛み付き犬専用のトレーナー

どうすればよいのでしょうか?

なので、そうならないためにも、

なるくべく機会を見つけては、

積極的に、子犬を外界に触れらせ体験させてあげる事が、

子犬の精神面を育てることになるのだと思います。

そう考えると、

犬のしつけとはいえ、

人間の子どもと同じような教育的視点が大事だと言えそうですね。