犬の首輪やハーネスは、常に付けたままにした方が良いですか?

犬のしつけで人気のQ&Aサイト!飼い主さんの悩みを解決 > お散歩に関するしつけ > 犬の首輪やハーネスは、常に付けたままにした方が良いですか?

犬の首輪やハーネスは、常に付けたままにした方が良いですか?

犬がお散歩にゆく際、

首輪やハーネス(胴体につけるもの)をつけて、

リードをつないで、

お散歩に出かけますよね。

この首輪やハーネスは、

お散歩にゆく時に取り付けるのでしょうか?

それとも、

常日頃から付けたままの状態なのでしょうか?

飼い主さんにより、

どちらのタイプの飼い方もあると思います。

やはり、

屋外で飼っていらっしゃる場合は、

常に首輪をつけた状態になりますよね。

疑問は、室内飼いの場合になるでしょう。

首輪やハーネスは、普段つけない。

このケースでは、

普段は装着していないが、

お散歩の都度、装着するということになります。

理由は、色々とあるかと思いますが、

一つは、首輪があると、こすれてその部分だけ、

毛が抜けてし跡になってしまうということです。

さらに、首皮無いほうが、

開放感がある、

と飼い主さんが感じていらっしゃる場合も同じです。

首輪やハーネスを常日頃から、

装着している場合は、

どうでしょうか?

なんといっても、

散歩の都度、装着したり、外したりは、

非常に面倒だ、

と感じている飼い主さんではないでしょうか?

それと、

犬は常に首輪をしているものだ、

っという考え方ですね。

我が家では、

後者で、常に首輪を装着していました。

首輪の箇所だけ毛が抜けて跡になっていますが、

特に気にすることはありませんでした。

実害は全くないですし。

どちらが良いということではなく、

飼い主さんの価値観次第、

ということになるでしょうか。