厳しく犬をしつけるのは、犬のストレスになり良くないのでしょうか?

犬のしつけで人気のQ&Aサイト!飼い主さんの悩みを解決 > 基本的なしつけ > 厳しく犬をしつけるのは、犬のストレスになり良くないのでしょうか?

厳しく犬をしつけるのは、犬のストレスになり良くないのでしょうか?

かわいい子犬の頃だと、

きちんとしつけを行うのをためらってしまったりすることもあるようです。

見た目がカワイイですし、

頼りない小さな生き物ですから、

当然ではないかと思います。

きちんと四角四面にしつけようとすると、

犬のストレスになってしまうのではないか?

っという心配です。

おっしゃるとおり、

ストレスになるのかもしれないですね。

いや、たぶん、ストレスだと思います。

ストレスって悪者扱いされがちですが、

実はそれ自体は悪いものではありません。

成長の痛み、

というのを誰しも経験したことがあると思います。

私は背が高いのですが、

小学校から中学にかけては、膝が痛くて困りました。

これ、成長の痛みですよね。

もちろん、身体的な痛みだけではなくて、

心理的に成長している時、何かを克服する挑戦をしているときは、

居心地の悪いさや、痛みを伴います。

言い換えると、これはストレスとも言えます。

成長するために必要な痛みだと思えば、

単なる通過点であり、誰もが通る道です。

それに、ある程度ストレスがあったが方が、

心の成長にもつながります。

子犬にしろ、成犬にしろ、

環境が変わって家に引き取られて、

いよいよ来た。

その瞬間から、

住まいの環境に慣れてしまうまでの間がいわゆる、

しつけの貴重なチャンスの時間です。

今までと違った環境に慣れようとしますので、

言うことを聞きやすい状況だと思います。

ご家族の中には、

もう少し慣れてからしつけを行おう。

こんな風に優しく犬の立場で考えて差し上げる方もいますが、

それは、ちょっと違うのではないかと思います。

家に来た瞬間から、

貴重なしつけのチャンス時間がスタートしています。

どうぞ、

その日からスグにしつけをはじめて下さい。

物事には、チャンスがあり、チャンスを逃すと、

その機会をリカバリーするのは後々大変な労力と手間を

必要とする事になります。