脱走しやすい犬は、マイクロチップの埋め込みをしたほうが良いでしょうか?

犬のしつけで人気のQ&Aサイト!飼い主さんの悩みを解決 > お散歩に関するしつけ > 脱走しやすい犬は、マイクロチップの埋め込みをしたほうが良いでしょうか?

脱走しやすい犬は、マイクロチップの埋め込みをしたほうが良いでしょうか?

脱走しやす犬は、

いついなくなるのか分からないので、

心配ですよね。

もちろん、飼い主さんは、

脱走できない環境を作ってあげてるのでしょうけど、

ちょっとしたスキに、

脱走してしまうことも可能性として大いにあります。

人間が気づかないちょっとしたスキマを、

犬は通り抜けることができますので。

さて、そこで、

マイクロチップを犬に入れておけば、

マイクロチップのGPS(位置情報システム)で、

犬を探す手間が軽微になる。

もしかすると、

飼い主さんは、

そんなふうに考えているのかも知れませんね。

しかし、

これだけ技術が発達した現代でも、

GPS内蔵のマイクロチップ、

開発されていません。

GPS(位置情報)を使う機器は、

常に位置情報を取得し、

その情報を発信しているので、

バッテリーの消費が割と激しいと言われています。

ですから、

ほんの小さなマイクロチップにGPSを埋め込んでも、

電源の確保ができないということになると思います。

また、マイクロチップは非常に安価で、

体に負担もなく簡単に埋め込むことができます。

しかし、

日本には保健所でもマイクロチップの読み取り機が置いている場所と

置いていない場所があり、

現実問題として、あまり使われていないようです。

また、数十センチに近づかないとリーダーでチップを読み込めないことから、

犬の迷子という観点からは、

全く意味をなさないおかざりとなりそうです。

注射針の太いもので、

犬の首の皮下へ一瞬で注射し、

麻酔も不要です。

費用も数千円単位なので、

手軽ですが、使い道がなくては、

同しようもないですよね。