犬のしつけは、どのような順番で行えば良いのでしょうか?

犬のしつけで人気のQ&Aサイト!飼い主さんの悩みを解決 > 基本的なしつけ > 犬のしつけは、どのような順番で行えば良いのでしょうか?

犬のしつけは、どのような順番で行えば良いのでしょうか?

犬を最初に迎え入れてから、

しつけはどのような順番で行えばより効果があるのか?

失敗しないしつけになるのか?

悩んでしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか?

まず子犬のうちは、

環境が変わったことで心細く思っているでしょうから、

安心させ、

大いにスキンシップをしてあげることで愛情を注いであげてるのが良いと思います。

人間の子どもと同じですね。

そして、

そんななかでも、

しつけるべき要所はきちんとしつけてイキます。

最初の半年が、

しつけを刷り込んでいくために重要でかつ、

貴重な効果的な時間となるからです。

この半年が勝負と言ってもいいでしょう。

毎日必ず行うことは、

エサ、トイレ、寝るですよね。

子犬の頃はお散歩は控えめに、

と獣医さんに言われるでしょうからお散歩は省きます。

エサ、トイレ、寝るにも、

重要なしつけの機会となります。

エサを上げる時は、

必ず「待て」を行い、ほんの少しでもいいですから、

待たせるクセを付けます。

また、

トイレは場所を教えるのに、

排泄できた時を見ていて、

褒めてあげる必要があるでしょう。

寝る場所は、ハウスのしつけになります。

最初は自分ではハウスの意味がわかりませんから、

ハウスと言って、

持ち上げてハウスに入れてあげれば良いと思います。

しつけは優しく行いますが、

しかし、きっちりと繰り返し刷り込んでいきます。

お散歩に行くようになると、

リードウォークなど更に複雑なことをしつけてイケばよいでしょう。