犬の服従訓練は、どのように行えば効果的なのでしょうか?

犬のしつけで人気のQ&Aサイト!飼い主さんの悩みを解決 > 基本的なしつけ > 犬の服従訓練は、どのように行えば効果的なのでしょうか?

犬の服従訓練は、どのように行えば効果的なのでしょうか?

まず最初、

犬が家に来た時からしつけはスタートするといいますが、

どのように行えばよいのでしょうか?

とりあえずは、トイレやエサ、

ハウスの場所などを確保している状態でしょうから、

日々、それらの場所を教えてあげる事になろうかと思います。

服従訓練という観点でいえば、

仰向けにして抱きかかえるという動作があります。

子犬の頃から、

あまり服従ということで厳しくしていくと、

伸び伸びと素直な子にならない可能性もあります。

愛情をたっぷりに、

まずは、遊んであげたりする中で、

服従ということを動作として行なっていけばよいでしょう。

その際、母犬と同じように、

マズルコントロールは必須と言えます。

マズルコントロールとは、

母犬が子犬の口をまるまる口に含み、教え諭すことです。

飼い主さんが行うには、

犬の口を手で優しく包み込むようにします。

最初は嫌がるかもしれませんが、

必ず慣れさせて下さい。

これが、服従の第一歩です。

そして、犬の唇をめくったり、

口の中に手を入れたり、と、

口に触っても大丈夫な状態を作ります。

そこから、

徐々に全身どこをタッチングしても大丈夫な状態にしつけ訓練を行えば良いです。

成犬になっても、

飼い主さんが口を開けさせる、

そして薬を飲ませる、

病院にいって、

口内や歯の歯石をとるなどの出来る状態にしておくと、

理想でしょう。

でないと、歯石をとるのに全身麻酔が必要など、

犬にとっても良くない状態ではありません。

服従は口からということになりますでしょうか。

子犬ですから、

遊びながら愛情を込めて行なってあげて下さいね。

成犬を引き取った場合には、

噛み付かれると怪我をしますから、

口に手を入れるのは、中々難しいのではないか、

と思います。