ラブラドール・レトリバーのしつけは、どのように行えば良いですか?

犬のしつけで人気のQ&Aサイト!飼い主さんの悩みを解決 > 犬種別のしつけ > ラブラドール・レトリバーのしつけは、どのように行えば良いですか?

ラブラドール・レトリバーのしつけは、どのように行えば良いですか?

ラブラドール・レトリバーといえば、

まっさきに思い浮かぶのが、

盲導犬だと思います。

警察犬にも用いられる、

いわゆる使役犬と言われている種類の犬ですね。

その名前は、

獲物を回収するという意味で、狩猟犬が元になっているそうです。

カナダ産の犬で、

カナダ、イギリス、アメリカで登録頭数一位という大人気の犬種です。

体重は35kg~40kg程と、大型犬。

ラブラドールと言えば、どんなイメージがありますでしょうか?

人懐こい、優しい、従順という感じでしょうか。

盲導犬で覚えている人は、

このような観念を持っているかもしれません。

優しくて従順なのですが、盲導犬や警察犬に向いているほど、

考える力があり、利口です。

また、大型犬のため、

性格はおだかやでも、体はパワフルで活動的。

ラブラドールは、おとなしい犬種ということで、

しつけを甘くすると、

とんでもない大型犬をそばに置くことになって後々苦労する可能性があります。

主従関係を含め、

充分にしつけて上げたほうがいいですね。

能力の高い犬なので、訓練を行えば行うほど、

その能力に磨きがかかり、

まさに打てば響くというようなパートナーになるでしょう。

そして、体が大きい分、

犬の成長を強く実感できるといいます。

総じて飼いやすい犬ではありますが、

犬には違いないので、甘く見ないほうが良い、ということだと思います。