アフィリエイト広告を利用しています

犬の社会化期を逃した?いつまで間に合う?社会性を育むための第一歩に!

仔犬の社会化エッセンシャルトレーニング豆知識

これまで犬を飼ったことのある方の中には、犬の社会化期を、気づいたら逃してしまっていた…という経験がある方は多いのではないでしょうか。

社会化期を逃した場合どうしたら良いんだろう?いつまで間に合うかな?といった悩みをよく聞きます。

私が小さい頃によく行っていたペットショップでは当時、生後4〜5ヶ月以上の子犬がほとんどでした。その時は社会化についてあまりよく分かっていなかったため、今思えば社会化不足だったと思います…。

 

犬の社会化とは、犬が人と暮らす中で必要となる“知識”や“経験”を学んでいく過程のことです。

知識や経験が多いほど安心感が増えて犬にとってストレスが少なくなり、人とのより良い信頼関係を築くことにも繋がります。

 

今まさに“社会化期”を迎えようとしている犬を飼っている方や、今後犬を飼うことを考えている方はぜひ参考にしてみてください♪

 

 

犬の社会化期を逃した?いつまで間に合う?

子犬の「社会化期」とは生後3〜4ヶ月頃を指します。その時期に社会化を行うことが大切といわれています。

また、犬の社会化を始めるのに適しているのは生後2〜3ヶ月頃です。好奇心が恐怖心を上回っている時期なので、物怖じせずさまざまなことにチャレンジできるチャンスです。

 

そう聞いてしまうと「社会化期を逃した?」「4ヶ月を過ぎたらもう遅い?」と不安になってしまう方も多いのではないでしょうか?

 

ですが、社会化もしつけ同様に続けることが大切です。4ヶ月を過ぎてしまっても機会を逃したと思わず社会化を行っていきましょう!

迎え入れた先(ペットショップ、ブリーダーなど)によっては、生後5〜6ヶ月頃に犬を家に迎える場合もありますよね。

その場合は、家に迎え入れたらできるだけ早く始めることがおすすめです。

 

犬の社会化はなぜ大切なの?

子犬の頃からさまざまな人や動物と触れ合わせたり、音やにおいなどの刺激に慣れさせることで、恐怖心や攻撃性を持ちにくくなります。

以前飼っていた愛犬は雷の音が苦手で、雷が鳴っている音が聞こえると震えて落ち着かなくなっていました…。

今飼っている子はさまざまな音慣れを経験させてきたので、大きな音に少しびっくりする時もありますが雷が鳴っても全く気にしていません。

 

 

十分な社会化ができなかった場合、成犬になってからも人見知りをしたり、吠え癖などの問題行動に繋がってしまう可能性もあります。

 

さまざまな人と関わりを持ち人と犬とがお互いにストレスなく暮らしていくためには、社会化はとても大切なんです。

子犬の社会化期は特にさまざまなことを吸収しやすいため、社会化を行うのに最も適しています。

 

社会化はどのくらい続ければ終わりという期限はありません。成長する過程で慣れる必要のあるものが出てきたり、中には恐怖を感じてしまう場合もあります。

ですが、小さい頃にそういった刺激に慣れておくことでその時の恐怖心の大きさが変わってきます。

犬が人間社会でより良く暮らしていけるように、何歳になってもさまざまな経験を積ませてあげるといいですね!積み重ねが大切ですよ♪

 

犬の社会化とは?

犬の社会化とは、犬が人と暮らす中で必要となる“知識”や“経験”を学んでいく過程のことです。

知識や経験が多いほど安心感が増えて犬にとってストレスが少なくなり、人とのより良い信頼関係を築くことにも繋がります。

犬が成長するにつれて、苦手・不得意よりも好き・得意の多い犬になってくれたら嬉しいですよね♪

 

社会化には、下記のような一例があります。

  • 犬にさまざまなものや音に触れさせる。家の中だけでなく一緒に出かけるなど、さまざまな場所や環境にも慣れさせる
  • 楽しいことをたくさん経験させる。犬にご褒美や褒め言葉を使って“楽しい”や“嬉しい”といったポジティブな感情を教えてあげる
  • 犬とたくさんスキンシップを取ってより良い信頼関係を築く。体や肉球のケアなど健康チェックをし、触れられることに慣れさせる
  • 毎日の散歩やドッグランなどで、他の犬や人と接する機会を作る
  • 犬の幼稚園や保育園といったサービスを利用する。同じ月齢の犬たちとの交流の場を作り、犬同士での遊び方や接し方などを学ぶ機会を作る

 

こういった経験を多くすることで不安が取り除かれていき、恐怖や攻撃性を持つ可能性を減らすことができます。

犬が人間社会でストレスなく生活するためにはとても大切なことです。

できるだけ多くの経験をさせてあげたいですね♪

 

まとめ

子犬の「社会化期」とは生後3〜4ヶ月頃を指します。その時期に社会化を行うことが大切といわれています。また、犬の社会化を始めるのに適しているのは生後2〜3ヶ月頃です。

そのため、4ヶ月を過ぎてしまうともう社会化は難しいのでは…?と感じてしまう方もいるかもしれません。

ですが、万が一過ぎてしまっていても、家に迎え入れたらできるだけ早く始めることで社会化はまだ間に合います。4ヶ月を過ぎてしまっても機会を逃したと思わず社会化を行っていきましょう!

 

犬の社会化とは、犬が人と暮らす中で必要となる“知識”や“経験”を学んでいく過程のことです。人間社会で共生していく上でとても大切なことです。

知識や経験が多いほど安心感が増えて犬にとってストレスが少なくなり、人とのより良い信頼関係を築くことにも繋がります。

たくさんの知識や経験があることで、犬の自信にもなります。ぜひ子犬の頃からたくさんの経験をさせていってあげましょう♪