犬が咥えているものを放す「チョウダイ」は、行ったほうが良いでしょうか?

犬のしつけで人気のQ&Aサイト!飼い主さんの悩みを解決 > 噛みつきに関するしつけ > 犬が咥えているものを放す「チョウダイ」は、行ったほうが良いでしょうか?

犬が咥えているものを放す「チョウダイ」は、行ったほうが良いでしょうか?

犬が咥えているおもちゃや、

オヤツを放す訓練。

それが、

「チョウダイ」ですよね。

考えてみれば、

犬が自分ものとして、

咥えているわけですから、

それを手放すというのは、

考えられないことだと思います。

しかし、飼い主さんから「チョウダイ」といわれると、

手放すというしつけ。

完璧に服従しているという事の証明ではないでしょうか。

これが出来るというのは、

すごいですね。

「チョウダイ」が完ぺきにできる飼い主さんは、

少ないのではないでしょうか。

まずは、おもちゃで行うと良いでしょう。

おもちゃを犬が持っていたら、

替りのおもちゃを飼い主さんが犬の鼻先に持って行き、

「チョウダイ」といって、おもちゃの交換をします。

これで、思い切り褒めてあげると良いでしょう。

オヤツで行なっても良いと思います。

まずは、犬が持っているものを、

手放すという訓練を繰り返し行う。

これで、褒めてもらえれば、

「チョウダイ」で、

飼い主さんに持っているものを渡すのだ、

というしつけが出来ると思います。

「チョウダイ」のしつけは、

わりと他のしつけよりも、

根気強く行う必要が有るようです。

「チョウダイ」ができるようになると、

すごいですね!