権勢症候群の見極めと、犬のしつけの関連について教えて下さい。

犬のしつけで人気のQ&Aサイト!飼い主さんの悩みを解決 > 基本的なしつけ > 権勢症候群の見極めと、犬のしつけの関連について教えて下さい。

権勢症候群の見極めと、犬のしつけの関連について教えて下さい。

権勢症候群というと、

何やら難しい言葉のような響きに聞こえますね。

要は、犬が威張り散らしては困りますよね、

ということだと思います。

飼っている犬に手を噛まれて、悲しい思いをする飼い主さんは、

多くいらっしゃるのではないかと思います。

カワイイはずの存在が、脅威に変わる。

誰しも、嫌ですし、可愛さ余って憎さ百倍という言葉がありますが、

カワイイからこそ、

その反動で憎らしく思ってしまうのも事実のようです。

従順な可愛さを期待しているから、ですね。

成犬を引き取るならば、以前の環境によっては、

権勢症候群になっている犬がいるかもしれません。

でも、子犬から飼うのであれば、

引き取ったご家庭の「しつけ」こそが、

権勢本能なのか服従本能なのかを分ける鍵になります。

犬は自らがおかれた立場によって、

リーダーシップ、フォローワーシップ、

どちらの力も発揮するようになります。

私達が期待するのは、服従本能の育成であり、

フォロワーシップの方になります。

しつけとの関連で言うと、権勢症候群の場合、

しつけが出来ていない、

という判断で良いと思います。

飼い主がキチンとリーダーシップを持ってしつけを行なっていれば、

犬は従います。

良くしつけられた犬は、かわいい存在ですし、

人に迷惑をかけるようなことをしませんから、

人間と犬がお互いに安心して仲良く暮らせます。

大型犬は、

成犬になってからしつけを行うのは大変です。

また、噛み付く力も強いので、

その危機意識からきちんっとしつけを行うでしょう。

でも、小型犬だと、「かわいい」が優先してしまい、

しつけという観点から疎かになることが多いように思います。

かわいいと、犬の行動を優先してしまい、

犬がリーダーだと勘違いしてしまう可能性を含んでいます。

犬の行動は、飼い主の許可によって行うようにしつけを行えば、

服従本能が育ち、権勢本能は弱まります。

権勢本能が弱まれば、犬は自分が守る責任から開放され、

緊張が解けた幸せな精神状態になることを許されます。

犬を変な緊張から開放してあげるためにも、

服従本能を育てることは必要だと、わかりますよね。

詳しくは、

本や教材、DVDなどで勉強すると分かりやすいと思います。