ドイツのしつけは行き届いていると言われますが、どのようなしつけですか?

犬のしつけで人気のQ&Aサイト!飼い主さんの悩みを解決 > 犬種別のしつけ > ドイツのしつけは行き届いていると言われますが、どのようなしつけですか?

ドイツのしつけは行き届いていると言われますが、どのようなしつけですか?

ドイツは割りと犬をリード無しで公園を歩いたり、

日本よりもはるかに、しつけという意味では先進国である、

というイメージがありますよね。

そんなことないですか?

実際、ドイツのしつけは日本よりも行き届いていると、

私の周りでも、感じている方はいらっしゃいます。

ドイツに行ったことがないので、単なる思い込みなのかもしれませんが。

日本とドイツは、どのように違うのか、調べてみました。

調べてみて思ったのは、価値観の違いです。

日本とドイツでは、犬に対しての価値が違うんです。

どういうことなのか?

日本では、多くの飼い主さんが、

犬を擬人化している傾向があるのではないでしょうか?

家族の一員・パートナーといっても、自分の子どものように扱っている。

ドイツでは、犬は犬です。

小型犬であっても、

レストランやカフェなど、犬OKの場所で、

ドイツは犬は床です。

人の膝の上に乗せたりはしないそうです。

膝の上に犬を乗せると、病気なのか?っと声をかけられるそうです。

また、

ドイツでは、犬を飼うには、しつけありきという観念だそうです。

つまり、

戦争時の軍用犬という、厳しいしつけの延長線上に犬がいる。

ですから、徹底して犬をしつけるという事が深く浸透しているようです。

その例を示すように、多くのしつけ教室があるということです。

ドイツの公共の交通機関は全て犬OKだそうです。

しかも、ケージやキャリーバッグは不要とのこと。

しつけといい、犬が人間と共存できるインフラといい、

日本よりもはるかに先進的な考え方を実践している国と言えそうです。

徹底したしつけ、という意味では、日本は反省すべきなのかもしれない、

っとドイツを調べていてはじめて認識しました。