犬が噛み付いた時には、鼻を叩いてしつけを行なっても良いのでしょうか?

犬のしつけで人気のQ&Aサイト!飼い主さんの悩みを解決 > 噛みつきに関するしつけ > 犬が噛み付いた時には、鼻を叩いてしつけを行なっても良いのでしょうか?

犬が噛み付いた時には、鼻を叩いてしつけを行なっても良いのでしょうか?

犬が噛み付いた時、飼い主さんは、

どのようにすべきなのか?

叩いても良いのか?

叩くことで、

犬との信頼関係が崩れしまうのか?

プロの訓練士さんでも、

人によって教え方が違いますから、

どれが本当なのか?

っと迷ってしまったりしますよね。

状況や犬種、

性格の違いということで、

どれも正しいのだと思います。

鼻は犬の弱点の一つですから、

噛み付かれた時、「痛い!」や「ダメ!」という声と共に、

鼻をぽん!っと叩く。

これは、

私的にはOKじゃないかな、と思っています。

やはり、言葉だけではなく、

身を持ってわからせないと行けない部分というのは、

あるのではないかと感じるからです。

ただ、

半年以前の小さな子犬に対しては、

若干残酷な気がしてなりません。

子犬であれば、

エサを手からあげるなど、

繰り返しのしつけで充分に良くなる可能性があるからです。

あるいは、

噛み付かれた時に、

勇気を持って敢えて手を口の中に入れる。

手を口に突っ込むといえば、分かりやすいでしょうか。

そうすると、

犬は驚いて身を引きます。

基本的には、

飼い主さんの手は噛み付いてはいけないモノなのだ、

っというきちんとしたしつけが必要なのだと思います。