室内犬のトイレのしつけはどのような方法がありますか?

犬のしつけで人気のQ&Aサイト!飼い主さんの悩みを解決 > トイレに関するしつけ > 室内犬のトイレのしつけはどのような方法がありますか?

室内犬のトイレのしつけはどのような方法がありますか?

トイレの具体的なしつけ方法は、

どのような方法があるのか、

ということだと思います。

トイレは、子犬の時のしつけが大変重要で、

後々に影響を及ぼすと言われています。

例えば、サークルの中の面積で、

半分は寝床、半分はトイレシートという感じになろうかと思います。

母犬がいる時は、

トイレの面倒は、母犬が世話しています。

ですから、母犬から離れた瞬間に、

トイレのしつけがスタートしているということになります。

犬は繰り返す習慣によって、

物事を学習していきます。

サークル内のトイレシートや新聞紙は、

排泄してそのまま放置しておくと、トイレと寝床の境目がわからなくなり、

寝床で排泄するようになってしまいます。

ですから、

なるべく早く、気づいてあげて、

気づいたらすぐにトイレを新しく取り替えてあげるのが好ましいと思います。

子犬の時に、

飼い主さんがトイレをきちんとしつけられないと、

後々、飼い主さんご自身がご苦労されることになりますから、最初が肝心です。

基本的に、

子犬の時は、トイレのしつけで叱ることはNGとなっています。

飼い主さんが、こまめにトイレをきれいに保つことが、

子犬の清潔度に影響するのではないでしょうか?

どこでも排泄してしまい、トイレのしつけに苦労する、

そんなことがないように、こまめに清潔を保ち、

排泄したら、褒めてあげる。

この繰り返しの基本をしっかりと行えば、トイレしつけの心配は無くなるでしょう。