犬のしつけの際、言葉では言う事聞きませんが良い方法がありますか?

犬のしつけで人気のQ&Aサイト!飼い主さんの悩みを解決 > 基本的なしつけ > 犬のしつけの際、言葉では言う事聞きませんが良い方法がありますか?

犬のしつけの際、言葉では言う事聞きませんが良い方法がありますか?

犬が言うことを聞いてくれない、

そんな時はストレスが溜まりますよね。

なんで、何度も同じ事を注意しているのに、

わかってくれないのだろう?

犬は一体何を考えているのだろう?

飼い主の伝え方が、いけないのだろうか?

大いに悩むと思います。

特に子犬の頃は、言葉の理解が追いついていないこともあり、

言葉のしつけでは全く意に介さないことがあります。

もどかしいですね。

犬の初期学習段階、つまり、

子犬の時は兄弟と一緒に遊んだりすることで日々、

学習していきます。

言葉も必要ですが、

言葉だけではないのですね。

行動をなんでも、ゲーム化して、

楽しく遊ばせながらしつけを学ばせることが出来れば最高に良いと思います。

一つ一つのゲーム事例は別ページに譲りますが、

ぜひ、書籍などでも情報収集してみて下さい。

子犬の頃は、いけないことや、やんちゃなやり過ぎた事をした時、

飼い主が子犬を「噛む」というのも、

理にかなったしつけに思います。

ちょっと強めに噛み付いて、

「キャン!」と声を上げるぐらいがいいですね。

母犬と同じ目線でしつけてみよう、

という事です。

子犬は、善悪の判断ができず、

単に面白いから、

興味があるからやっているだけです。

しつけは、必要なことですが、

ガチガチに服従させようと無理にしなくても、

やるべきしつけをきっちり行えば、

成犬になってからもいい子でいてくれます。

ぜひ、

愛情を持って犬に接して下さいね。

言うまでもないことですが、

しつけを行うために飼うのではなく、

家族の一員として、

一緒に豊かな生活を過ごすために飼うのですから。

犬は利口なので、

必ず理解してくれるようになります。

根気よく、がんばりましょう。