血統書付きよりも雑種の犬のほうが病気に強いのは本当でしょうか?

犬のしつけで人気のQ&Aサイト!飼い主さんの悩みを解決 > 基本的なしつけ > 血統書付きよりも雑種の犬のほうが病気に強いのは本当でしょうか?

血統書付きよりも雑種の犬のほうが病気に強いのは本当でしょうか?

血統書付きのほうが、

見た目が良いという理由でこだわる人は多い様に思います。

あなたは、血統書付きの犬ということに、こだわる方なのでしょうか?

実は、私も割りとこだわってしまう方です。

私は柴犬を飼っていたのですが、雑種の柴犬よりも、

やはり血統書付きの柴犬のほうがいいのではないか、という考えですね。

DNAとか遺伝的な難しい話は割愛しますが、

雑種は強いという事が言えそうです。

例えば、

人間の例で言えば、違う人種間の子供はハーフで可愛い子になると同時に、

免疫系が病気に強い子になる可能性が高いそうです。

まぁ、あくまでも、可能性です。

絶対強くなる、ということではありません。

犬を選ぶ時は、血統書にこだわってしまうかもしれませんが、

実際、家に犬が来れば、雑種だろうと、

血統書付きだろうと、あまり関係がないかもしれないですね。

かわいい子には、違いありませんから。

また、雑種は値段が安いというもの、

ひとつの利点かも知れません。

いずれのしても、どちらでもかわいい子には違いありません。

血統書は、DNAの根拠が代々きちんとしているので、

見た目がその犬種特有の特徴をよく生かした出で立ちです。

雑種は、血が混ざるゆえ、見た目はひとつの犬種の特徴は見えませんが、

雑草の強さがあり、病気にも強い可能性が高いです。

ご家族で、よく相談されるといいですね。