環境により飼ってはいけない犬種などありますでしょうか?

犬のしつけで人気のQ&Aサイト!飼い主さんの悩みを解決 > 犬種別のしつけ > 環境により飼ってはいけない犬種などありますでしょうか?

環境により飼ってはいけない犬種などありますでしょうか?

6c711536859101f1f973d654b4f7d301飼い主さんの生活環境は、十人十色ですよね。

犬にも犬種によって特性があるため、

飼い主さんの生活環境に

マッチした犬種をチョイスすることが、

好ましいのではないでしょうか?

では、

犬種別の特性とは、どのような項目があるのか、

具体的に調べてみました。

充分に運動することが出来ない

dog

ラブラドール・レトリーバー、

ゴールデン・レトリバー、

ボーダーコリー、

ビーグル、

ウェルシュ・コーギー

このように運動量の多いアウトドア犬の場合は、

充分な運動ができないと犬に多くのストレスと負担がかかります。

そのストレスが元で、

問題犬になったりして、手が付けられなくなる可能性がありますので、

飼う前に吟味したいですね。

吠える声を気にする、近所迷惑になる

d-550

ビーグル、

ダックスフンド、

シェットランドシープドッグ、

ヨークシャーテリア。

声がよく通る大きな声で、なおかつ、しつけ次第では、

吠え続けて、鳴きやまないという問題

起こる可能性の犬種です。

幼児のいるご家庭で注意したい犬

134187883657613123195_20080228201808

愛玩犬タイプがそれに当ります。

犬がやきもちを焼くまたは、乱暴な幼児に対して噛み付くなど、

事故の可能性があります。

シーズー、

ダックスフンド、

チワワ、

ポメラニアン、

トイプードル。

留守が多いご家庭では飼うのが難しい犬種

intro_img_01

ゴールデン・レトリバー、

シーズー、

マルチーズ、

ダックスフンド、

パピヨン

人に密接な交流を求める犬種で、留守が多いと寂しがり、

犬にストレスがかかります。

掃除がまめではないご家庭では難しい犬

a0296592_151258

毛の抜ける量が多く、こまめな掃除が必要です。

日常でも多いですが、

毛の入れ替わる時期は大量に毛が抜けます。

柴犬、

ゴールデン・レトリバー、

ウェルシュ・コーギー、

狆、

ペキニーズ

上記は、あくまでも、

犬種に多く見られる特性からカテゴリ分けしたものであり、

しつけ内容により、違ってきます。