リーダーウォークが出来るようにしつけを行うことは可能ですか?

犬のしつけで人気のQ&Aサイト!飼い主さんの悩みを解決 > お散歩に関するしつけ > リーダーウォークが出来るようにしつけを行うことは可能ですか?

リーダーウォークが出来るようにしつけを行うことは可能ですか?

リーダーウォークというと、

なんだか、難しそうな感じがしますよね。

飼い主の私に、

リーダーウォークが出来るのだろうか?

そんな心配が頭をよぎるかも知れません。

大丈夫です。

できます(^^)v

リーダーウォークとは、

リーダーである飼い主さんが主導権を握って歩く、

別名、

主導的歩行とも言われています。

飼い主さんが主導権をもって、

歩くことが非常に大事という意味ですね。

犬がどちらに行きたいのか?

ということは、全く考えずに、

飼い主さんが連れて行きたい方向へ

はっきりと主張を行い、

主導権を持って実行します。

飼い主さんが態度で「コチラへ行くのだ」

としっかりと毅然とした主張をしないと、

逆に犬が自分の主張をし始めるようになる可能性があります。

リードが張った状態では、

犬は飼い主さんの言うことを聞かずに、

引っ張り返すことがあるかもしれません。

こんな時は、犬に近づいて、

リードを一旦ゆるめます。

緩めたリードを確認できたら、

飼い主さんの主導的歩行で、

スキな方向へどんどん歩いていきます。

この時のポイントは、

犬のことは一切気にかけず、

犬の目を見ることもせず、

知らんぷりした歩き続けることです。

この動作によって、

犬は飼い主さんが主導権を持ち、

従わなければいけないことを認めるようになります。

少し歩いたら、

またスパっと方向をイキナリ変えたりします。

犬に構わず、

どんどん主導的歩行を行なってみて下さい。

知らん顔していて、OKです。

これを続けると、

犬が飼い主さんの顔を見ながら歩くようになります。

どこへ行くのか、という集中ですね。