噛み癖が直らない場合、犬歯切断も視野に入れて考えたほうが良いでしょうか?

犬のしつけで人気のQ&Aサイト!飼い主さんの悩みを解決 > 噛みつきに関するしつけ > 噛み癖が直らない場合、犬歯切断も視野に入れて考えたほうが良いでしょうか?

噛み癖が直らない場合、犬歯切断も視野に入れて考えたほうが良いでしょうか?

噛み付きが常態化していると、

飼い主さんは辛いですよね。

常に、

犬に噛み付かれることを恐れつつ、

世話をしなければいけない。

何のために飼っているのか、

と疑問をいただく気持ちもよくわかります。

dog

それでも、

どうしても継続して飼いつづけたいという方は、

犬歯切断という選択肢も、

考えることが多いように思います。

犬歯切断とは、その名の通り、

犬の牙にあたる部分を、

外科的手術で、

切ってしまうということになりますね。

長い牙が無くなった犬。

犬の中には、

先天的な遺伝子の以上で、

どうしても攻撃性が激しくて修まらない、

という事もあるらしいです。


>>最後の頼みの綱。噛み付き犬専門トレーナーDVD

これは、しつけ以前の問題で、

いわゆる病気という扱いになるらしいです。

ですから、

飼い主さんに責任は無いのだけど、

日々、噛み付かれる恐怖に震えている訳ですし、

実際噛み付かれるでしょう。

仕方なく、

犬歯切断に踏み切ることがあるみたいですね。

鋭い牙はなくなりはするものの、

噛み付くという行為はなくならないでしょうから、

飼い主さんも大変です。

牙が刺さるよりは、

キズが浅いと言うことになるでしょう。

ただ、安易に噛み癖があるので犬歯切断だ、

というようになっては困りますよね。

プロの訓練士などと相談の上、

どうしようもない。

もしかすると、

殺処分も考えざるをえない。

そんなぎりぎろのところで、

犬歯切断となるのだと思います。

噛み付きで困っている飼い主さんに「効果あり!」と人気です。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【DVD】噛み付き犬専門のトレーナー教材