アフィリエイト広告を利用しています

犬の適切なしつけ方

適切な仔犬のしつけ方しつけ

犬の適切な指導法

犬は人間の最高の仲間とされていますが、その友情を深めるためには、犬のしつけが欠かせない要素です。犬のしつけは、犬に人間社会で必要なルールやマナーを教えることです。犬のしつけが適切に行われれば、飼い主と犬はより快適で楽しい生活を送ることができます。

ただし、犬のしつけは簡単にできるものではありません。犬には性格や個性が異なるため、同じ方法でしつけることはできません。また、飼い主によっても褒め方や叱り方、教え方などが異なるため、犬のしつけにはコツやポイントが存在します。

この記事では、犬のしつけの基本とコツをわかりやすく解説します。犬のしつけを始める前に、ぜひ参考にしてください。

 

犬のしつけを始めるタイミング

犬のしつけを始める適切なタイミングは、「生後2~3ヶ月程度」とされています。つまり、ペットショップ、ブリーダーなどから子犬を迎え入れた場合は、できるだけ早くしつけを始める必要があるとされています。

ただし、子犬には過度な要求をしてはいけません。重要なのは、子犬が成長してから社会で適切に生活できるようになることです。そのため、子犬を迎え入れて直ぐに始めるしつけは、「社会化」と「トイレ」を中心に教えることになります。

 

社会化

社会化とは、子犬が人や他の動物、様々な刺激に慣れて恐怖や攻撃性を持たないようにすることです。不十分な社会化を受けた子犬は、大人になってからも人見知りや吠え癖などの問題行動を起こす可能性が高くなります。

 

トイレトレーニング

トイレトレーニングとは、子犬が汚さない場所や時間を覚えさせて、自分でトイレに行くようにすることです。トイレトレーニングが成功すると、飼い主も掃除の手間が省けて快適であり、子犬もストレスが減って健康的です。

 

犬の褒め方・叱り方

犬のしつけでは、褒め方と叱り方が非常に重要です。褒め方や叱り方によって、犬のしつけの難易度は大きく変わると言っても過言ではありません。

 

犬の褒め方

犬を褒める際に大切なのは「必要以上に大げさに褒める」ことです。犬は人間の言葉を完全に理解することはできません。そのため、必要以上に大げさに解りやすく褒めて「私の言いたいことをきちんと理解してくれたね!えらい!すごい!さすが!天才!」という気持ちを、明確に犬に伝える必要があります。

もし犬がコマンド(命令)に従って行動した場合は、大きな声で思い切り褒めましょう。そして、褒めた後におやつやおもちゃなどのご褒美を与えるようにしましょう。

 

犬の叱り方

犬の叱り方はいくつかありますが、子犬の場合は無視が効果的です。子犬は基本的に遊ぶことが大好きで、構ってもらうことを喜ぶ傾向があります。飼い主が無視をすると、「もしかして、これはダメなことなのかな?」と子犬が理解する可能性があります。

ただし、成犬になると力も強くなるため、しっかりとしつけを行う際には、少なからず罰を与えることも必要となるでしょう。日頃から攻撃的にならない大人しい性格の犬であれば問題ありませんが、力強い大型犬をコントロールするためには、リードを引っ張って犬の首輪に衝撃を与える「ショック」が効果的です。一瞬だけ苦しい経験をさせることで、犬は叱られたことを理解します。

なお、犬を叱る際に説教をしても意味はありません。犬は現行犯でその瞬間に叱られなければいけないため、時間が経って説教をしても、犬には叱られている意味が理解できず、飼い主との信頼関係に溝ができる可能性があります。

 

犬のしつけの順番

犬のしつけとトレーニングは異なるものと考えられるため、それぞれの順序を考慮しましょう。

 

しつけの優先順位

  1. トイレのしつけ
    まず最初に、トイレのしつけに重点を置きましょう。子犬に適したトイレの場所や時間を教えることは、飼い主と犬の快適な共同生活の基盤となります
  2. 名前に反応
    犬が自分の名前に反応するようにトレーニングします。これはコミュニケーションを円滑にするために重要です。
  3. 自由に身体を触れるようにする
    犬が飼い主や他の人に触れられることに慣れるように、身体の触り方をトレーニングします。これは獣医の診察や日常のケアに役立ちます。
  4. 基本のコマンド(おすわり、伏せ、待てなど)
    これらの基本コマンドを犬に教えることは、犬をコントロールし、安全な状況を維持するのに役立ちます。

 

その他のトレーニング

  • お散歩のマナーやリードの使い方、他の高度なコマンドなど、犬にとって有用なトレーニングを進めましょう。

 

これらの基本的な手順に従って、犬のしつけを行うことで、飼い主と犬の関係が健全で楽しいものになるでしょう。トレーニングとしつけを適切に組み合わせることで、犬が健康で幸福な生活を送る手助けができます。