アフィリエイト広告を利用しています

仔犬の選び方

後悔しない 仔犬の選び方豆知識

仔犬の選び方について紹介します。

 

仔犬の選び方

仔犬を選ぶ際のポイントを詳しく説明します。

家庭環境と生活環境の考慮

最初に家庭の状況や住宅環境、生活スタイルを考慮して、どのような犬種が適しているかを検討しましょう。アパートや一戸建て、田舎や都会などによって犬のサイズや特性が合うかどうかが異なります。

希望する犬の特性:

どのような性格や特性の犬が理想的か、何を犬と共にしたいのかを明確にしましょう。

a. 犬のサイズの選定:

  • 小型犬: 手軽に飼育でき、室内での飼育が可能。運動量が少なくて済むことが多いです。
  • 中型犬: 一般的な家庭に適しており、適度な運動量が必要です。
  • 大型犬: 広いスペースや運動量が必要で、育てるコストが高い傾向にあります。

b. 雄か雌かの選定:

  • 飼いやすさでは雌が一般的に挙げられます。繁殖の意図や状況によって選ぶと良いでしょう。

c. 性格や特性の選定:

    • 人懐っこい性格の犬: フレンドリーで社交的な犬。家族とのコミュニケーションを重視する場合に適しています。
    • 運動能力が高い犬: アクティブで運動が好きな犬。アウトドアやスポーツ愛好者に向いています。
    • 社交性が高い犬: 新しい環境や他の犬との交流を楽しむ犬。社交的な飼い主や多くの人たちと触れ合う環境に適しています。

仔犬選びにおいては、家族全員で慎重に考え、家庭や生活スタイルに適した犬を選ぶことが大切です。犬は生涯の家族の一員となるため、その特性や適応性を良く理解した上で選定することが重要です。

犬の寿命

犬の寿命について詳しく説明します。

犬の寿命は犬種や体格、生活環境、遺伝的要因など多くの要素に影響を受けます。一般的な傾向としては以下の通りです。

小型犬

    • 平均寿命は12~15歳程度であり、超小型犬では15歳を超えることもあります。トイ・プードル、ミニチュア・ダックスフンド、柴犬などが寿命が長い犬種に分類されます。

中型犬

    • 平均寿命は11~15歳程度であり、柴犬、ビーグル、コーギーなどがこのカテゴリーに該当します。中型犬は適度な運動量と管理された食事で健康を維持することが重要です。

大型犬

    • 平均寿命は10~13歳程度であり、バーニーズ・マウンテン・ドッグなどが特に平均寿命が短い犬種に分類されます。一方で、ラブラドールレトリバーやゴールデンレトリバー、ジャーマンシェパードなどは平均寿命が長い傾向にあります。

老犬になると介護が必要となるため、将来の介護や医療費、運動量、食事などを考慮して犬種を選ぶことが重要です。また、定期的な健康診断や適切なケア、愛情豊かな環境で犬の健康をサポートすることが寿命を延ばすポイントとなります。

 

仔犬を選ぶ時の注意

仔犬を選ぶ際の注意事項を詳しく説明します。

健康状態の確認

    • 子犬の目、耳、鼻、口、被毛、体の健康状態をチェックし、異常がないか注意深く確認しましょう。健康で明るい目や、きれいな毛並み、適正な体重などが健康の指標となります。

性格や振る舞いの観察

    • 子犬の行動や反応を観察して、性格や特性を見極めましょう。
    • 好奇心旺盛で社交的、慎重派でマイペース、恥ずかしがり屋、臆病、警戒心が強いなど、性格の傾向を把握することが大切です。

ブリーダーの犬舎見学

ブリーダーから購入するのも一つの手段です。

    • ブリーダーの犬舎を訪れ、親犬やきょうだい犬、そして子犬の状態や環境を直接確認しましょう。
    • 子犬の誕生からの経緯やこれまでの健康状態、食事、ケアの状況などについてブリーダーに質問することで、子犬の背景や適した飼育法について詳細を知ることができます。
    • ブリーダーの犬舎見学をする場合は事前に予約をし、確認をしておくことが必要です。また、ブリーダーの評判や口コミを事前に調査することも役立ちます。

獣医の健康診断:

    • 仔犬を迎え入れる前に、獣医師による健康診断を受けることをおすすめします。専門家の意見を得ることで、健康面での安心感が得られます。

仔犬選びは家族と一生共に過ごす大切な家族の一員を選ぶことです。慎重に考え、十分な情報収集と観察を行い、幸せな犬との共生を始めましょう。

仔犬受け取りに最適な時期は?

仔犬を受け取る最適な時期は、法律で規定された出生後56日を経過した時点から、生後2か月から3か月の間が適しています。これは、子犬が社会化期や犬同士の学びを得る重要な時期であるためです。

引き渡し時期が早すぎると、母犬や兄弟犬から学ぶ社会化の機会が失われ、性格や行動面で問題を抱える可能性が高まります。一方で、引き渡し時期が遅すぎると、新しい環境に適応するのに時間がかかり、飼い主との信頼関係の構築に影響を与えることがあります。

生後2か月から3か月の間は、子犬が兄弟犬や人間との相互作用を通じて適切な社会化を経験し、新しい環境に適応するための重要な時期とされています。この時期に引き渡された子犬は、飼い主との強い絆を築くことができ、適切なトレーニングや環境で健康的に成長する可能性が高くなります。

 

小型犬おすすめ10選

小型犬のおすすめ10選です。

  1. トイ・プードル
    • 体重:2.0~4.0kg、体高:24~28cm
    • 知性が高く、しつけがしやすい。抜け毛が少なく、アレルギーにも強い。
  2. チワワ
    • 体重:1.0~3.0kg、体高:15~23cm
    • 世界最小の犬種で、つぶらな瞳と大きな耳が魅力的。愛情深く、飼い主に懐く。
  3. ミニチュア・ダックスフンド
    • 体重:4.0~5.0kg、体高:13~18cm
    • 胴長短足が愛らしい。勇敢で忍耐力があるが、肥満や腰痛に注意。
  4. ポメラニアン
    • 体重:1.9~3.5kg、体高:18~22cm
    • ふわふわの被毛と小さな顔がかわいい。明るく社交的。
  5. ヨークシャー・テリア
    • 体重:2.0~3.0kg、体高:15~17cm
    • シルキーな被毛と優雅な佇まいが美しい。抜け毛が少ないがお手入れが必要。
  6. マルチーズ
    • 体重:2.5~3.2kg、体高:20~25cm
    • 真っ白な被毛と黒い目鼻が印象的。温和で人懐っこい。
  7. シー・ズー
    • 体重:4.5~7.0kg、体高:20~28cm
    • 中国の王室で飼われていた歴史ある犬種。人なつっこく穏やか。
  8. マルプー
    • 体重:3.0~6.0kg、体高:25~35cm
    • マルチーズとトイ・プードルのミックス犬。抜け毛が少なくてお手入れが楽チン。
  9. 豆柴
    • 体重:4.0~6.0kg、体高:25~30cm
    • 柴犬の小型版で、忠実で従順な性格。運動量が多いので散歩が必要。
  10. パピヨン
    • 体重:4.0~4.5kg、体高:20~28cm
    • 耳が蝶の羽のように見えることから名付けられた。活発で遊びが大好き。

小型犬は、普段の生活でのスペースや運動量の制限が少なく、飼い主とのコミュニケーションが重要なため、特に都市部やアパートでの飼育に向いています。また、抜け毛が少ないなどの特徴もあり、アレルギーのある方にもおすすめです。

これらの小型犬は、飼い主との絆を深めつつ、日常生活に癒しや楽しさをもたらしてくれることでしょう。それぞれの犬種の特徴や性格を考慮しながら、理想に合った小型犬を選ぶ際の参考にしていただければ幸いです。

 

中型犬のおすすめ5選

中型犬のおすすめランキングについて紹介します。

  1. 柴犬
    • 体重:オス10~15kg、メス8~12kg、体高:オス38~41cm、メス35~38cm
    • 日本原産の日本犬で、独立心が強くマイペースな性格。
  2. ビーグル
    • 体重:8~14kg、体高:33~40cm
    • イギリス原産で、人懐っこく好奇心旺盛な性格。
  3. ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
    • 体重:10~14kg、体高:25~30cm
    • キツネを思わせる顔立ちで、明るく元気で遊び好きな性格。
  4. ボーダー・コリー
    • 体重:12~20kg、体高:46~56cm
    • 頭脳明晰で飼い主に従順。運動能力が高く、スタミナも充実。
  5. ジャック・ラッセル・テリア
    • 体重:5~8kg、体高:25~30cm
    • 勇敢で活発な性格。知的でしつけがしやすいが、頑固な一面もある。

 

個人的おすすめ犬種

特に小さなお子さんがいる家庭でおすすめです。

  • シェットランド・シープドッグ
    • 体重:10~20kg、体高:37cm前後(オス)、35.5cm前後(メス)
    • 賢くてしつけがしやすく、忠実で従順な性格。活発で子供とも遊びやすいが、運動量が多いため注意が必要。

 

大型犬のおすすめランキング

大型犬のおすすめランキングを紹介します。

  1. ラブラドールレトリバー
    • 体重:オス29~34kg、メス24~29kg、体高:オス57~62cm、メス54~59cm
    • 特徴:人懐っこく優しい性格で、知能が高く飼い主を幸せにする。抜け毛が多いため、ブラッシングが必要。アクティブな生活が好き。
  2. ゴールデンレトリバー
    • 体重:オス30~34kg、メス25~32kg、体高:オス56~61cm、メス51~56cm
    • 特徴:学習能力が高く、優しくて穏やか。陸上と水辺で活躍する狩猟犬。被毛はラブラドールより長く、運動が好き。
  3. シベリアンハスキー
    • 体重:オス20.5~28kg、メス15.5~23kg、体高:オス53.5~60cm、メス50.5~56cm
    • 特徴:凛々しい表情と優しく穏やかな性格が魅力。オオカミに似た外見で人気。スキンシップや運動が重要。

これらの犬種は大型犬として人気があり、それぞれの特徴や性格に適した飼育が求められます。選ぶ際には、飼い主のライフスタイルや犬のニーズを考慮して最適な犬種を選ぶことが大切です。

 

大型犬を選ぶ際の注意

大型犬や超大型犬を飼う際の注意点をまとめます。

運動量と体力の確保

大型犬や超大型犬は運動量が多く、毎日の散歩や遊びが欠かせません。飼い主自身も体力を保持し、犬の運動やケアに時間を割けることが重要です。

経済的な準備

食事量が多く、医療費やケア用品のコストも高くなる傾向があります。経済的な余裕を持ち、犬の健康や幸福のために十分な資金を用意することが必要です。

スペースと生活環境

大型犬は体が大きいため、広いスペースが必要です。トイレやベッドのサイズ、居住スペースを考慮して、犬のための適切な環境を整えることが重要です。

しつけと社会化

しっかりとしたしつけと社会化が必要です。大型犬は力も強く、適切なマナーやコマンドを教えることで、安全で快適な共生が図れます。

将来の介護への覚悟

大型犬は将来的に介護が必要になる可能性があります。体が大きいため、介護がより困難になる場合があります。介護に備えた環境やサポート体制を整えておくことが重要です。

これらのポイントを考慮して、大型犬や超大型犬を飼うかどうか、また適切な環境で飼うかどうかを判断することが重要です。

 

 

仔犬の選び方のまとめ

仔犬を選ぶ際のポイントを以下にまとめます。

  1. 犬のサイズとライフスタイルの適合: まず、犬のサイズを選ぶ際には、自身の生活スタイルや住環境に合わせて小型犬、中型犬、大型犬のいずれが適しているか考慮します。アパートや小さい住居では小型犬が適している一方、広い居住スペースやアクティブな生活スタイルを好むなら中型犬や大型犬が良い選択肢となります。
  2. 犬の性格や特徴: それぞれの犬種には性格や特徴が異なります。例えば、トイ・プードルは知性が高くしつけがしやすいですが、チワワは小さくて世話が手間いらずなど、犬種ごとの性格や特徴に合わせて選ぶことが大切です。
  3. 健康状態の確認: 仔犬の健康状態は重要なポイントです。目や耳、鼻、体毛、歯などの健康をチェックし、病気や先天的な問題がないか確認します。健康な仔犬であることは、長く一緒に過ごすための基本です。
  4. ブリーダーの信頼性: ブリーダーからの購入であれば、信頼できるブリーダーから仔犬を選ぶことが重要です。ブリーダーの信頼性や犬舎の状態を確認し、親犬や環境が適切に管理されているか注意深く調査してください。
  5. 将来のケアと費用: 飼う犬の将来的なケアや費用についても考慮が必要です。犬の寿命や病気のリスク、食事や医療費、トレーニングやしつけのコストなど、長期的な責任を理解し、それに見合った犬種を選びます。
  6. 愛情と責任: 最も重要なのは愛情と責任です。犬は家族の一員として生涯を共にする存在です。選んだ犬種に対する愛情と責任を持って、健康的で幸せな生活を提供する覚悟が必要です。

これらのポイントを考慮しつつ、自身や家族に最適な仔犬を選ぶことが大切です。