柴犬はどのようにしつけを行えばよいでしょうか?

犬のしつけで人気のQ&Aサイト!飼い主さんの悩みを解決 > 犬種別のしつけ > 柴犬はどのようにしつけを行えばよいでしょうか?

柴犬はどのようにしつけを行えばよいでしょうか?

柴犬は、日本犬の80%を占める超人気の犬種。

海外でも、柴犬の人気は高いですね。

なんといっても、おしりのキレイさ(家の中では絶対排泄しない)と、

無駄吠えがない、という特性です。

柴犬は気が強いからしつけるのが難しいのでは?っと、

躊躇してしまう人が多いとも聞きます。

考えてみれば、日本犬ですから、

一番日本人の気質にあう、また日本の風土にあった犬ということで、

難しくはなく、逆に飼いやすい犬種ではないでしょうか?

ジャパンケネルクラブ2012年データによりますと、

柴犬は136種の内堂々の6位で、12,532頭という登録数です。

1万頭を超えていることから分かるように、

非常に多くの方が柴犬を飼っているので、難しさの心配は無用と思います。

柴犬は賢くて普段はおとなしいですが、

狩猟犬なので、攻撃性も秘めていますし、

気が強いというか、気性が荒い面もあります。

なので、しつけでは、愛情を元にした信頼関係と、

服従訓練をしっかり行うのがよいと思います。

また、

体毛がダブルコートになっていて、

季節の変わり目には、やたらと大量の毛が抜け落ち、入れ替わります。

もうそれこそ、驚くほど大量に毛が抜けます。

こまめなブラッシングで、死毛を排除し、

皮膚にも程よい刺激を与えないと、皮膚病になる可能性もあります。

あと、運動量の多い犬種なので、

タップリとした運動で、

ストレスを発散させてあげるといい子にしているでしょう。