室内犬でもハウスの用意は必要なのでしょうか?

犬のしつけで人気のQ&Aサイト!飼い主さんの悩みを解決 > 基本的なしつけ > 室内犬でもハウスの用意は必要なのでしょうか?

室内犬でもハウスの用意は必要なのでしょうか?

室内犬は、家の中にいるので、あえてハウスの必要性は感じません。

そういう声をよく聞きます。

家の中なのに、ハウスが必要?

って思いますよね。

でも、結論からいうと、あった方がイイ、です。

それは、なぜなのか?

犬は自分でテリトリーを決めて行動する動物の内の一種だということは、

よく知られています。

家の中にいると、家全体がテリトリーという認識をするんです。

家、全体です。

家全体を守ろうとしますから、

番犬という発想が出てきますし、非常に有効だとも言えます。

守るということは、

常に気を全体に張り巡らし、

ある意味緊張状態になることもある、とも言えますよね。

守っているわけですから。

家の中にハウスを置いた場合を、考えてみましょう。

犬はハウスの中だけが、自分のテリトリーとして強く意識します。

そして、ハウスは狭いです。

人間の感覚からすると、狭くてかわいそう。

もっと広く使わせてあげたい。

こんな風に、思ったりしていませんか?

犬からすると、

狭いほうが守るべきエリアが限定されて、

実は快適で緊張から開放されることにも、なるんです。

片や家全体、片やハウスの中のみ。

守り、緊張する度合いが違いますよね。

野生という極端な例をみると、

犬は本来、巣穴を生活の起点としています。

身を守りやすいからですね。

巣穴は狭いからいやだ、とは考えません。

これで、ご理解いただけたと思います。

室内飼いでも、

ハウスはあったほうが、犬のために良いという事です。