犬のしつけの際、具体的な褒め方は、どのように行うのでしょうか?

犬のしつけで人気のQ&Aサイト!飼い主さんの悩みを解決 > 基本的なしつけ > 犬のしつけの際、具体的な褒め方は、どのように行うのでしょうか?

犬のしつけの際、具体的な褒め方は、どのように行うのでしょうか?

犬のしつけは、褒めて覚えさせる。

褒めて伸ばす。

もう、皆さんは、

そのように認識していらっしゃると思います。

でも、褒め方はどのように褒めればよいのかわからない、

という方もいらっしゃるようです。

褒め方は、

あまり考える必要はないのでは?とは思いますが、

どういう褒め方が良いのか、考えてみましょう。

褒めるのは、

直前の行動をより強化する役目があります。

また、大好きな飼い主さんにほめられると、

嬉しくなり期待に応えようとがんばります。

再度褒めて貰いたいからですね。

・頭を撫でてあげる

・顔を両側から優しくつつみ、よしよしと声をかける

・よしよし!っと声をかけながら、体全体を優しく撫でてあげる。

こんな感じで良いのではないでしょうか?

注意点としては、

あまりしつこく長く褒め続けると、

飼い主さんが遊んでくれるのだと思い、

興奮してしまう可能性があります。

褒めてもらったというよりも、

単に遊ぶための予備動作と思われてしまっては、

褒める効果が半減します。

時間の長短は、

そんなに気にする必要がありませんが、

犬が喜ぶ姿をみた飼い主さんが調子に乗って、

かまいすぎると興奮させてしまうので、注意して下さいね。

まぁ、それはそれで、

楽しいのかもしれませんが。