しつけの際、体罰で叩いたしまったら犬の信用は無くなりますか?

犬のしつけで人気のQ&Aサイト!飼い主さんの悩みを解決 > 基本的なしつけ > しつけの際、体罰で叩いたしまったら犬の信用は無くなりますか?

しつけの際、体罰で叩いたしまったら犬の信用は無くなりますか?

しつけの際の体罰は、

人間であれば絶対に使ってはいけないと誰がも思うでしょう。

犬の場合は、

多少の体罰は言い聞かせるために必要なのではないか?

っと思ったりしますよね。

犬が痛くない程度に叩いたりすることは、

ありではないかな、と私は思っています。

叩くことは本来、

痛みを与えることが目的なのかもしれません。

でも、犬にとって、軽く小突かれただけでも、

その意味がわかりますから、

充分に目的を果たします。

本来は、叩いたり体罰は、

一切使わないほうがいいですね。

母犬が子犬の口をまるごと自分の口にいれて、

コントロールしたり、

兄弟でも、お互いにじゃれあっている中で、

「キャン!」っと鳴くほど噛み付いたり。

そういう事を通して、

徐々にやってはいけないこと、

噛むと相手は痛がるし、

自分も噛まれると痛い、

ということを学ぶのも事実でしょう。

なので、軽く叩いたり、叩く真似をしたり、

ある時は飼い主が犬に噛み付いたり。

あくまでも、愛情をもって、

接する限りにおいては、

そんなに害のあることだとは、思えません。

でも、軽く叩いたとしても、

毎度そんなことを犬に対して行なっていると、

やはり信頼を失うことになるかもしれません。

充分に注意が必要なのだと思います。