散歩中リードがどこかに引っかかったら、解いてあげても良いでしょうか?

犬のしつけで人気のQ&Aサイト!飼い主さんの悩みを解決 > お散歩に関するしつけ > 散歩中リードがどこかに引っかかったら、解いてあげても良いでしょうか?

散歩中リードがどこかに引っかかったら、解いてあげても良いでしょうか?

お散歩していて、

リードが引っかかってしまった。

このようなことが、

あるかもしれません。

そんな時、飼い主さんは、

どのように対応していらっしゃいますでしょうか。

引っかかるというのは、

例えば、

飼い主さんと犬の間に、電柱があり、

犬は電柱の左側を行こうとする。

飼い主さんは、電柱の右側を歩いている。

リードが電柱に引っかかり、

前に進めない状態になったりします。

考え方は、2つあります。

一つ目は、飼い主さん側が、

電柱を避けて散歩を続けるようにしてあげる。

もう一つは、

犬が電柱に回り込んでいるのを、

元の状態に戻ってくるまで、

待っている、です。

飼い主さんが全ての主導権をにぎり、

お散歩の道順についても主張していく必要があるとすれば、

犬が元に戻ってくるように待つということが大事なのではないでしょうか。

最初、犬はそのままの状態で、

何度も前に行こうとしますが、

飼い主さんが立ち止まり、

リードは電柱に絡まっているので、

前に進めません。

しばらく待っていると、

試行錯誤しながら、

犬は自分が後退すれば良いことを学び、

飼い主さんの側に戻って来ます。

そうしてたら、褒めてあげ、

お散歩を続けることができますよね。

犬が考え、

自ら実行する。

このことによって、

しつけの一つひとつを蓄積していくと、

非常に良い子として、

家族にかわいがってもらえるようになるのだと思います。