犬も高齢化すると、痴呆・認知症になったりするのでしょうか?

犬のしつけで人気のQ&Aサイト!飼い主さんの悩みを解決 > 病院・病気に関すること > 犬も高齢化すると、痴呆・認知症になったりするのでしょうか?

犬も高齢化すると、痴呆・認知症になったりするのでしょうか?

yun_3813最近、犬も人間と同じような環境で生活するため、

長生きするようになり、

それ故に認知症になる、

と聞いたことがありませんでしょうか?

犬の認知症になると、何が困るのか?

もの忘れしても、犬であれば問題ないでしょうし。

そんな風に考える飼い主さんもいらっしゃるようです。

困ることは何か?

illust4839

犬の認知症で一番こまるのが、昼夜逆転してなおかつ、

夜中に吠えまくる、ということです。

これは、相当つらいですよね。

ご近所迷惑にもなりますし、

ご家族が夜寝られない日々を過ごすことになる。

イキナリ噛み付いたりの異常行動も出てくるようになったりするそうです。

犬種にもよるのでしょうが、

15才以上の犬の、60%が認知症になるというデータもあります。

あの青魚成分が効果的!

43322img01

認知症予防という意味では、

DHA(ドコサヘキサエン酸)が非常に効果があると、

言われています。

DHAといえば、青魚の常温でもサラサラしているという、

不飽和脂肪酸です。

人間のサプリメントで、DHAは非常に人気です。

自然の青魚を継続して犬に与えるのは難しいでしょうから、

人間のサプリを犬にも与えるようにすると良いでしょう。

もちろん、量は少なくして、ですね。

1週間に1〜2回程度でよいでしょう。

それで、認知症が防げたり、軽くなったりと効果があることを思えば、

安い投資だと思います(^^)

▼サントリーのDHAなら犬に与えても安心ですね♪▼
dha

高齢犬専門のエキスパート

h1
メールサポートや、スカイプサポートもありますので、誰に相談してよいのかわからないという不安から飼い主さんが開放されるでしょう。

それだけでも心強いですよね(^^)

高齢犬独特のお世話方法の教材です。

教材の詳細はコチラへ >>高齢犬お悩み解決百科