犬が飼い主に前足をかけるのは、いけないのことなのでしょうか?

犬のしつけで人気のQ&Aサイト!飼い主さんの悩みを解決 > 基本的なしつけ > 犬が飼い主に前足をかけるのは、いけないのことなのでしょうか?

犬が飼い主に前足をかけるのは、いけないのことなのでしょうか?

RIMG1001_convert_20090925141713

犬が積極的に、飼い主さんに対して、
前足をかけて甘えたりする。

この動作は、しつけ上いけないことなのですか、
という一つの疑問ですよね。

色々なしつけの本や、教材を学ぶと、
何が正しいのか、一時的に混乱することがあります。

私も、
随分と混乱して、勘違いをしていた時期もありました。

ある訓練士さんによると、
犬が自ら飼い主さんに触ったり、

前足をかけたりするのは、
リーダー順位が曖昧になっているからである。

っというような内容の、しつけもあります。

ムツゴロウさんの考え方

mutsugoro3_01-500x333

混乱している時に参考になったのは、
動物を愛してやまない、ムツゴロウさんのしつけに対する考え方です。

ムツゴロウさんは言います。

犬が飼い主さんに前足をかけるという行動の、
多くの場合は、愛情表現である、っと。

それは、行動そのものを見て、
リーダー順位うんぬんと断じるのは間違いだといいます。

さらにムツゴロウさんは、いいます。

前足を飼い主さんにかけるときの、
犬の表情を見て下さい。

耳や、口元、目に緊張はなく、
非常に落ち着いた状態で、しかも服従の表情を示している。

前足をかけたかどうかは、しつけの判断ではなく、
犬がどのような表情をしているののか、

その行動を飼い主さんが直感でどうかんじたのか、
それが大事だと言います。

「しつけ」に惑わされない

ムツゴロウさんの基本的な考え方は、
犬は言うことを聞く機械ではなく、

家族の一員である、
っということです。

あまり「しつけ」ということに、
理屈で優先しすぎては、大事な「愛情」というものを

見失ってしまう可能性もあるので、
注意が必要ですよね。