犬のしつけは犬種・性格に合わせて行う必要があるのでしょうか?

犬のしつけで人気のQ&Aサイト!飼い主さんの悩みを解決 > 犬種別のしつけ > 犬のしつけは犬種・性格に合わせて行う必要があるのでしょうか?

犬のしつけは犬種・性格に合わせて行う必要があるのでしょうか?

犬の種類って沢山あって、その種類によって性格って違いますよね。

犬のしつけ、っと言いましても、

全ての犬に同じようなしつけで良いのだろうか?

っと疑問を持つ飼い主さんもいらっしゃるでしょう。

特に、しつけがスムースにうまくいかない場合、

○○犬の場合は、このしつけ方法は最適なのか?

っと疑問を頂く場合もあろうかと思います。

私もその考え方に大いに賛成です。

犬の種類により、性格が違う以上、

その犬が、より効果的に効率的にしつけの内容を学習できるよう、

やり方は変えて良いのではないか、

っと思っています。

犬種例でみると、

狩猟犬は、動物と対することを前提としている種なので、

動物に出会ってもひるまない強さと、

飼い主さんへの忠誠心などを持ってます。

作業犬の中でも、牧畜系の犬は、

家畜を追いかけて群れのコントロールを手伝っているので、

吠えることが必要とされます。

大型犬だと、

力が強くて怖いというイメージが有る方もいらっしゃいますが、

大型犬の中にも、

大人しくて運動量が少なくて大丈夫な犬もいます。

それぞれの犬種別に犬の性格の傾向があるので、

その傾向にマッチしたしつけ方法を行うと、

犬も飼い主さんも、

比較的楽にしつけが行えるのではないか、っと思います。

そのためには、

単にしつけというひとくくりの情報だけを収集するのではなく、

プロのトレーナーなどが教えてくれる教材などで、

犬種別の傾向を掴みつつ、

犬種別のしつけ方法を飼い主さんがインプットしておく必要が有るのではないでしょうか?

もちろん、本質的に「犬」という種のしつけで、

共通している部分は沢山ありますので、それはそれで良いと思います。

さらにもう一步踏み込んで、

犬種別のしつけ情報、性格の傾向、クセなどを把握しておくと、

もっと楽にしつけができますよ、っという提案です。