犬のしつけで「お手」は必要なのでしょうか?

犬のしつけで人気のQ&Aサイト!飼い主さんの悩みを解決 > 基本的なしつけ > 犬のしつけで「お手」は必要なのでしょうか?

犬のしつけで「お手」は必要なのでしょうか?

犬を飼うと、決まり事のように「お手」とやる人がいますが、

あれって必要なのかな?

っと、疑問に思う人も多くいらっしゃると思います。

飼い主の手に、犬が前足をかけるだけなので、

日常生活にはどうかん考えても必要なさそう。

まぁ、必要ないと思います。

ではこのような考え方は、ありませんでしょうか?

犬にしつけを行うのに、

飼い主の言うことを聞いて実行する。

そして、ほめられて嬉しくなり、

その行動を覚える。

言葉と行動を関連付ける最初の一歩。

それが、「お手」である、っと。

こう考えると、あながち「お手」も不要なものだとは、

言えないのではないでしょうか?

「お手」はしつけ訓練の中では初歩であり、

比較的カンタンに誰でもできます。

だからこそ、犬の行動をコントロールし、

服従に導く最初の一歩として考えることも可能なのだと思います。

もちろん、「お手」をしなくても、

しっかりとしつける自信があるという方には本当の意味で不要だと思います。

特に初めて犬を飼った方や、しつけに自信がない初心者には、

「お手」からスタートするのも悪く無いと思います。

やり方は、こうです。

犬を正面に座らせ、

飼い主の手に犬の前足を片方乗せます。

そこで、乗せた瞬間に「お手」と声をかけ、

褒めます。

これを繰り返します。

そうすると、「お手」というコマンドで、前足を出すようになる、

という仕組みです。

簡単だからこそ、

いつもこの原点に戻るという考え方もできます。

言うことを聞かない、そんな時は常に原点である、

「お手」に戻って訓練をリセットさせてみると良いでしょう。

逆に、「お手」すらもしないということは、

他に問題があるということが考えられます。

順位付けや服従がうまくいっていないとか、

甘やかしすぎたとか。

あるいは、他の理由があるなど。

「お手」をしつけの原点、

基準として覚えさせるといいことがあると思います。