クレートは犬のしつけに必要でしょうか?


クレートは犬のしつけに必要でしょうか?

獅子丸のわん!ぱく日記

獅子丸のわん!ぱく日記

しつけにクレート

使っていらっしゃいますでしょうか?

ところで、

クレートっという言葉をご存じでしょうか?

似通ったもので、ハウスがあります。

では、ハウスとクレートの違いは?

なんだか、わかりにくい気がしますよね。

ハウスとは、その名の通り、犬小屋です。

最近は、室内外でもハウスが必要だと言われています。

クレートとは、ハウスと同じような役目なのですが、

ハウスにも使える、取っ手付き持ち運び可能な入れ物です。

つまり、ハウスは移動性を考慮していませんが、

クレートは移動することを前提としています。

犬に伝えるコマンドは、どちらも同じく「ハウス」です。

犬と一緒に旅行に行くなど

例えば、

犬を旅行に連れて行ったり、

病院に連れて行く、

どこかに預ける必要があり移動する。

110902_camping_03

こんな時、移動性のケージを別に用意したりします。

でも、普段入り慣れていないので、犬は嫌がったりする可能性があります。

対して、

いつもハウスに使っているクレートであれば、

犬は喜んで中に入り、

移動先でも、落ち着いて要られます。

犬を移動させることを前提に考えるならば、

クレート訓練をしておいたほうがいいかもしれませんね。

クレートを日常ハウスとして使う

ハウスと同じであれば、

単なるハウスではなく、クレートをハウスにしておくとよいですから。

最初は嫌がるかもしれませんが、

クレート内は快適だという体験を学習させることで、

ハウスコマンドで自分でクレート内に喜んで入るようになります。

最初は、クレートの扉はしめず、

オヤツを中に入れて食べさせたり、

頻繁に出きりして、クレートに抵抗がない状態にしていくと良いですよね。

徐々に、飼い主さんの姿見えなくても、

クレート内で大人しくしていられる時間

伸ばしていけば、

クレート内が安心できる場所へと変わっていきます。

ホンダではこんな車もあるみたいです。

wow_pagephoto_01_01_01