人間の食べ残した鶏の骨は、犬に与えないほうが良いでしょうか?

犬のしつけで人気のQ&Aサイト!飼い主さんの悩みを解決 > 食事に関するしつけ > 人間の食べ残した鶏の骨は、犬に与えないほうが良いでしょうか?

人間の食べ残した鶏の骨は、犬に与えないほうが良いでしょうか?

犬は骨をかじるのが好き、

というイメージがありますが、

多くの飼い主さんも同じなのではないでしょうか。

骨を与えておくと、

飽きるまで、

ガジガジとずっとかじっています。

暇つぶしに調度良いのでしょうか。

ただ、

鶏の骨は胃や腸といった内蔵に刺さるらしいです。

損傷を与えてしまう可能性がありますので、

やめておいたほうが良さそうです。

犬は食べたがりますけど。

そして、お魚の鯛の骨も、

NGのようです。

鯛は、硬くてとんがった骨がありますから、

これも刺さって内蔵を傷つける心配があるということです。

鶏と鯛以外であれば、

骨を与えてもおおむね、

問題はないでしょう。

飼い主さんがみて、

これは危ないかもと直感で感じる骨があれば、

それは、やめておいたほうがいいと思います。

多く与える骨としては、

豚があります。

出しをとったあとの骨がありますが、

ネギと一緒に煮た骨はやめておくべきでしょう。

ネギ類は、犬が食べてはいけないものなので。

骨を与えて、ガジガジやっているのは、

犬の本来もっている強く噛む欲求を満たしてくれますし、

ストレス解消にもなります。

我が家では、

干物をよく食べていましたので、

鯵の干物を皮と骨、

いつも残飯整理してもらっていました。

喜んで、食べていましたよ。