ビーグル犬はどのようにしつけを行うのが良いのでしょうか?

犬のしつけで人気のQ&Aサイト!飼い主さんの悩みを解決 > 犬種別のしつけ > ビーグル犬はどのようにしつけを行うのが良いのでしょうか?

ビーグル犬はどのようにしつけを行うのが良いのでしょうか?

ビーグル犬は、ウサギ狩りに使われていた犬種として有名です。

体が小さいのに、活動的で、パワフルですよね。

また、獲物を追い詰める際、「追い鳴き」といって、

ずっと吠え続けて追い詰める習性があるようです。

日本では、イノシシ狩りに使われることがあるようです。

このように、吠えることに関しては、非常に声量があるよく通る声なので、

無駄吠えするようになると、

大変困ることになるという犬でもあります。

またしつけの際、繰り返し根気強くしつける必要がある犬種でもあります。

そして、耳が垂れている犬ですので、

耳の中が蒸れる可能性が高く、外耳炎になりやすいということです。

ジャパンケネルクラブ2012年データによると、

ビーグル犬の登録は3,011頭で、20位という上位にあります。

136種の内の20位ですから、割と皆さん、ビーグル犬を飼っているんですね。

ビーグル犬で多いのは、

やはり無駄吠えと、拾い食いです。

特にオスは食欲が非常に貪欲なので、

拾い食いの癖をつけてしまわないように注意が必要です。

ビーグル犬の、しつけに失敗した際の

気が違ったか、というほどに執拗に動きまわる動作と、

その得意な吠える動作が相乗効果で、飼い主さんはかなり精神的に参ってしまうようです。

事前に、

プロのトレーナーのDVDなどで学習を済ませておくと、

すんなりしつけることが出来る可能性が高まるのではないでしょうか。