子犬が甘噛みをするのですが、放置しても大丈夫でしょうか?

犬のしつけで人気のQ&Aサイト!飼い主さんの悩みを解決 > 噛みつきに関するしつけ > 子犬が甘噛みをするのですが、放置しても大丈夫でしょうか?

子犬が甘噛みをするのですが、放置しても大丈夫でしょうか?

子犬の甘噛って、

かわいいですよね。

本気で噛むわけではありませんから、

ガブガブ噛み付いても、

さほど痛くはありません。

子犬としては遊んでいるのでしょう。

あるいは、歯がむずがゆいから、

という説も聞いたことがありますよね。

多くの飼い主さんは、

わりと甘噛容認派だと思います。

私もそうです。

甘噛は、

犬の兄弟間の遊びに似ているのではないでしょうか。

兄弟間の遊びを通して、

どの程度強く噛むと相手が痛がるのか、

逆に相手からどの程度の強さで噛まれると、

自分は痛いと感じるのか。

こんな体験を通して、

噛むことの重要性や、

噛むことの危険性を学ぶのではないでしょうか?

ですから、

子犬が甘噛み間に、

たまに本当に痛く噛み付くことがあります。

本気噛みではないのでしょうけど、痛い。

そんな時は、子犬に、

飼い主さんが噛みつき、「キャン!」と

声が出るほどにして、

痛いことを分からせる必要性も、

妥当な説だと思っています。

甘噛を許すと、非服従行動の一環となり、

日々積もり積もると、

順位付けが甘くなるということです。

甘噛み容認でもOKでしょうけど、

あまり多く甘噛されるのは、

ちょっと考えたほうがいいかもしれませんね。

飼い主さんに対して、

甘噛を通して、

噛み付いても大丈夫という行動を助長することにもなりかねませんので。

ひいては、

家具や、ソファ、スリッパなどを

カミカミする犬になってしまう危険もあります。

できれば、甘噛は、子犬の頃に

きちんっと戒めて、

止めさせたほうがよさそうですね。

多少は良いでしょうけど。